セキュリティー

データ管理の定期チェック

このワードプレスのブログサイトからスパムの異常アクセスログを感知した為、弊社ではセキュリティを再度更新し、ブログサイトも含む全てのページにSSLがかかるように変更いたしました。サーバに知らないphpファイルが書き込まれていたようで、プラグインで入れているスパムフィルターが更新されておらず情報が書き換えられたようでした。(アクセスすると他の関係のないECサイトに飛ばすスクリプトが入ったもの、現在は復旧)

パスワード、サーバーのチェックは定期的にしなければなりませんね。又クラウド管理は便利ですがやはり大事なデータの基本はネットワークにも隔離されたローカルフォルダに保存していくのが安全ですね。

弊社ではPC本体(外付けHDD)→クラウド(サーバー)→ローカルHDD

と保存されるようにセッティングしてます。つまり同じファイルが4つ生成されることになり、不要なものはPC本体のローカルから削除していくのですが、先日Appleのicloudを承認させていたらPCのファイルを自動でicloudにあげて行き、クラウドに上がるとPCのデータは自動的にキャッシュだけのこり元データは削除されると言う便利機能が裏目に出て、クラウドのデータにアクセスしようとしたところAppleのIDをGoogleのGmailでログインしてたからなのかIcloudへログインが出来なくなりPCのデータが実質丸々消える(クラウドに上がってるはずだが特殊なエラーと言う警告でログインができないので、ただPCのデータがクラウドにあげられ元データごと全て消える。。)と言う最悪なことがおきました。

幸いローカルHDDもあるのでそこから呼び出せば問題はないのですが、もしクラウド保存を過信しローカルHDDへバックアップしてなかったらと思うとゾッとします。

DropboxのビジネスにicloudにGoogle Driveに様々なクラウドサービスが出ており弊社も利用しますがデータが大きく数も増えてくるとクラウドの活用も増えてきますが、やはり安全なのはローカルHDDだなと思います。且つちゃんとしたメーカーのものを使いましょう、安いものはすぐにクラッシュしますので。

ちなみに弊社では外付けHDDはG-DRIVEシリーズを愛用してます。価格もそれなりにしますが、動作もちゃんとしてます。もしHDDがクラッシュし、それらのバックアップがない場合、クラッシュしたHDDデータの取り出しは20万程度かかりますので、(経験済み)特に仕事で使用するファイルは管理しつつも、ハッキング対策などセキュリティーにも配慮した形にしなければなりませんね。

何よりクラウドを過信するな!と言うのは自戒を込めて言いたいものです。

コメントを残す

*