センサー技術

ピアノ・インタラクティブプロジェクション技術

ピアノプロジェクション UE4 – FF7 片翼の天使

以前六本木ヒルズのクロスポイントにて行った最新テクノロジー展示会「BLUE LINE TOKYO」よりピアノプロジェクションの紹介です。某大手メーカーの通信ソフトウェアエンジニアさん(faithroomさん)が社内で独自考案した技術でMIDI信号で映像の演出シーンを切り替える演出がなされています。よくゲームセンターに音に合わせ叩いたりする音ゲームの逆バージョンで、鍵盤を弾いた音で演出をインタラクティブに変化させることが可能となっています。プロジェクターを用い鍵盤に映像をマッピングすることにより、演奏しながらリアルタイムに変わっていく映像演出も楽しむというマニアックな表現技術です。また表記の通りゲームのCG制作でも実際に使われているUE4(アンリアルエンジン)を用いグラフィックも作成されています。この動画内容は2020年4月10日にプレステ4にてリメイク版が発売された「FINAL FANTASY 7 」 のラスボス、「セフィロス」が片翼の天使として戦うシーンで用いられた曲です。ゲームをプレイしたことある方はあの螺旋階段!?となるのでは!動画後半には技術説明もされています。

再臨: 片翼の天使 ~Advent: One-Winged Angel~

コメントを残す

*